透明袋に関する情報が満載!

チラシを活用して経済の発展!透明封筒の戦略

チラシを活用して経済の発展!透明封筒の戦略 日常的に目にする機会も多い透明封筒ですが、水に強く破れにくいという特徴を持ち商品カタログやダイレクトメール等で商品の販促目的で使用されています。
消費者の興味をひき、中を見て、来店もしくは商品購入のためには封筒の中身が一目瞭然の方が都合がよいのです。
透明封筒の開封率は紙の封筒の倍以上と言われています。
消費者が封筒を手にした瞬間にメッセージを届けることが可能で、中身が分からず紙の封筒を開いて中身を見るよりも中身の情報をある程度把握し興味を持って中を見るのでは効果が期待できるという戦略もあります。
透明封筒は中身が見えるだけに封入物の見た目で大きく反応率が変わります。
デザインにも高品質なものが求められます。
まず目に入る写真やキャッチコピーは商品を魅力的に魅せるシチュエーションを設定して撮影するかが重要です。
その商品やサービスを使用することでその人の生活がどう豊かになるかということが伝わるシーンを撮影しなければなりません。
受け取った人はその商品の良さを視覚的にダイレクトに理解し購入したくなるという効果が期待できるのです。
新しい生活提案を盛り込んだ写真撮影やイラスト、キャラクター制作を行うことでチラシ効果が高まるという戦略のもとに使用されています。
透明封筒は安上がりで封緘作業も特別な道具も必要ありません。
新商品の案内や不動産案内の街頭配布には最適なものとなっています。

宛名窓付封筒の窓素材の特徴

宛名窓付封筒の窓素材の特徴 透明封筒の1つに、中身が見えることで宛名の位置に合わせての封入作業ができるものとして窓付透明封筒があります。
種類としては4つがあり、まず1つにプラ窓があります。
プラ窓は窓素材ではなく、窓加工を施すことで製品にしており、ここでは、紙の一部に特殊樹脂を浸透させることで透過を行っています。
特徴としては封筒と窓を一体化できることがあり、そのために封入をスムースに行うことが可能となります。
一方、再生プラスチックや生分解性フィルムに比べ、透明度が劣る点があります。
2つ目にはセロ窓封筒に使用される再生プラスチックフィルムがあります。
このタイプは窓素材に透明度の高いフィルムを使用しており、原料にリサイクル材料を使用したとしても、リサイクル材料を使用していないプラスチックフィルムに匹敵した製品に仕上げられことが大きな特徴となります。
3つ目としては、同じセロ窓封筒に使用されている生分解性フィルムがあります。
素材は、微生物による作用によって製品化されており、特長としては、再生プラスチックフィルム同様に、高い透明性を有します。
4つ目の種類としては、グラシン窓封筒に使用されるグラシンがあります。
グラシンとは、紙の原料となるパルプを十分に機械ですりつぶしプレスをすることで製造された紙のことを指し、特徴として半透明に見えるほど薄く滑らかに仕上げられている点があります。

透明封筒関連リンク

便利な透明封筒など、ビニール袋の格安専門店

透明封筒